MENU

毛抜き処理はは絶対にだめ

結構体毛が濃く、出産後はさらに気になるようになってきました。今までは、お風呂で泡をたてカミソリでそったり、シェーバーで丁寧に処理する時間がありましたが、子供がいるとそんな時間がなくなりました。時間が少しあるときに、脇の毛を毛抜きで抜いていましたが、周りの人からは、毛抜きが一番よくないよ!と言われてましたが、まぁ肌が荒れたりするくらいでしょ。と思っていました。しかし、抜き続けているうちに、今までは一つの毛穴から一本しか毛が生えていませんでしたが、二本、三本と一つの毛穴から毛が生えてくるようになりました。そして、皮膚の下に毛が這うようになり、抜くことも出来ず毛抜きで掘って皮膚から引っ張り出し、抜いていました。そんなことを続けていたら、私の脇は黒いどころか赤黒くなり、毛を処理した後でも毛が生えているみたいに汚くなってしまいました。脇をあげることすら、夏場もノースリーブを着ることすらできなくなってしまいました。これは大変だ!と思い、美容脱毛に通うようになりましたが、黒ずんでいるところは、レーザー照射出来ないといわれてしまいました。毛抜きでいじめた脇はもうどうすることも出来ず、これから先夏場にかわいい服をきる楽しみも奪われました。

 

個人的ムダ毛の処理方法

 

ムダ毛の処理は基本的に脇、腕、脚、VIOをやっています。間隔は肌を出す季節かどうかでバラバラではありますが、平均するとVIO以外は3日ほどだと思います。VIOは必要な時に処理するという感じです。
処理方法は主にT字のシェーバーを使用しています。ホテルなどに置いてある小さいプラスチックのものではなく、薬局等で販売されている肌へのダメージをできるだけ軽減してくれるようなものを使用しています。
入浴時に泡立てたボディソープを付けてシェービングしています。脚、腕、脇は毛の流れに逆らうようにしてそります。Vラインは頻繁に処理すると毛の生える範囲が広がっていくのが嫌なので、必要な時に最低限の範囲を剃る、もしくは毛抜きで抜いています。Iラインは蒸れたりする場所であるので、剃ることはせずヒートカッターで短くカットしています。Oラインは顔用のヘッドの小さいシェーバーを使い鏡で確認しながら剃っていきます。
また、水着を着たりといつもより肌の露出が多い時には、肩やお腹の毛を脱色クリームを使い目立たなくなるようにしています。
そして、シェービングの後必ずするようにしているのが十分な保湿です。化粧水を軽くつけて、その上からワセリンを塗り込んで保湿完了です。