MENU

顔のお肌はデリケートです。処理には細心の注意を。

部位によってお手入れの方法を変えています。ムダ毛が気になってお手入れが必要なのは、ひざ下、脇と顔です。脱毛サロンに通ってみたいとも思いますが、お金がかかるのでひたすら自宅で頑張っています。

 

まずひざ下は、脱毛ワックスシートで処理しています。簡単にできるのと、長持ちするのでお金もかからなくてよい方法だと思っています。一度処理すると1か月近くはもちます。脱毛ワックスシートを使用したことにより、お肌のトラブルになったこともないので、この先も続けるつもりです。

 

次は脇です。中学生の頃から毛抜きで1本1本抜いています。きっかけは、修学旅行の宿泊先で友達がしていたのを見たことです。丁度ムダ毛が気になりだした年頃で、「こうやって処理するのかー」と感心したのを覚えています。1本1本というとかなり手間がかかりそうですが、繰り返し抜いていくうちに毛の量が減ってきて、今ではかなり小さなエリアにしか毛が生えてきていないので、そんなに面倒ではありません。さらに、何度も抜くうちに毛根が弱ってくるのか、痛みもなしにスルッと抜けます。仕上がりもきれいなので、この方法もずっと続けると思います。一方難点は冬場の処理。毛抜きをするには服を脱がないといけないので、寒くて服を脱ぎたくなく、処理をさぼりがちになります。

 

最後に顔。唇の上にはたくさんの産毛のようなムダ毛が生えてきます。その中の何本かは驚くほど黒くて元気な剛毛です。さすがにこの毛をすべて毛抜きで処理するのは大変なので、数本の剛毛を毛抜きで抜いてから、その後に残った毛はカミソリで処理します。特にトラブルになったこともないので、これも変えずに続けます。

 

一度だけした大きな失敗は、目の下の顔の外側に生えている産毛の処理です。この毛を処理するとファンデーションのノリもよくなると聞いて、脱毛を決心しました。カミソリで処理して濃くなるのは嫌だけど、毛抜きで抜くとさぞ痛いだろうと思い、ワックスを使用したのです。ポットに入っているべたべたのワックスを温めて、処理したい場所に塗って、ワックスが渇いてきてからはがすタイプです。はがした瞬間に、肌を傷めてしまったのでしょう。やけどのようにひりひりしだし、赤く腫れてしまいました。少しですが後になっています。この時から目の下は放置しています。