MENU

疲れるけど楽しいお手入れ方法

脇のムダ毛のお手入れ方法は、ズバリ、ひたすら毛抜きで抜く!です。
脇毛は、一度剃って、伸びてきたところを抜くのがやり易いですが、だんだん目がおかしくなってきます。脇を摘んでしまうと痛いし、血が出ることもしばしば。抜きそびれてちぎれてしまうと掘り起こさないといけなくなるのが厄介ですが、私はこの方法でお手入れしています。おすすめの場所はお風呂です。皮膚が柔らかくなって、毛が抜きやすいです。
あと、膝回りの剃りにくく、目立ちやすい毛も毛抜きで抜きます。よーく見ると、一つの毛穴から二本出ていたり、ちぢれ毛なんかもあったりして、楽しみながら抜くことが出来ます。
眉毛や顔の産毛も毛抜きで抜きます。顔の毛は、抜く時、とてつもなく痛いですが、その痛みもクセになります。
産毛を抜く時は、一度にたくさん抜けるし、耳から距離が近いからかプチプチッと音が聞こえて、それはそれで楽しいです。やりすぎると、ヒリヒリしますが…。
私が一番楽しく抜ける顔の毛は、口の周りの毛です。女性でも意外と濃いんですよね…。悲しい。
ここまで、抜く!抜く!抜く!と言ってきましたが、すね毛や腕毛は抜かない方がいいです。わたしは一度試しましたが、毛が多すぎて気が遠くなりました。目も手もすっごく疲れました。なので、すね毛や腕毛は潔く、剃った方がいいです。伸びてくるとチクチクしますが、そこはもう…諦めて。
あ、そうそう。デリケートゾーンの毛も抜かない方がいいです。恐ろしいほどに痛いので。抜くとしたら、変な方向に生えてるのだけで。変なとこに生えてるのだけで充分です。とてつもなく痛いので。